HOME 商品一覧 無料美容相談室 お買い物方法 返品・返金について お問い合わせ 特商法に基づく表示

クレンジング剤の種類や特徴、使い方

ジェンティール化粧品の秘密
無添加スキンケア誕生秘話
お使いになる前に
ご使用方法
お客様の声
お客様インタビュー
自然農法主義宣言

無料サンプルはこちらから
無料サンプルはこちらから
送料無料
ご注文はこちらから 人気No,1スキンケアセット無添加スキンケア基礎セット無添加スキンケア3点セット

無添加スキンケアフルセット
単品のご注文はこちらから
手作り無添加石鹸
無添加化粧水
美白美容エッセンス
無添加美容オイル
ノンケミカル日焼け止め
無添加リップクリーム
無添加ボディローション

0120・76・5812
(平日9~17、土日祝休み)

化粧品の真実

天然クリーム「皮脂膜」

肌老化の原因

経費毒について

正しいスキンケア法

界面活性剤について

合成ポリマーについて

紫外線吸収剤について

美白化粧品について

無添加化粧品について

ファンデーションについて

色素沈着について

クレンジングについて

鉱物油について

顔のたるみの原因

無料スキンケア情報誌

 

関連サイト

無添加スキンケア化粧品 トップ - クレンジングについて

クレンジングについて

一日中、あなたの顔を覆っていたメイクを落とすことは、健康な肌を維持するためには大切なことです。

メイクを落とすというクレンジングの工程はスキンケアの中では地味かもしれませんが、
クレンジングをしっかり行わないと全てが台無しになってしまうのです。

正しいクレンジングの仕方

石鹸だけでクレンジングができてしまうメイク用品だけを使うことが一番良いのですが、
下地クリーム、リキッドファンデーション、水や汗に強いウォータープルーフのメイク用品などは
石鹸だけで落とすことは無理です。

また、
無理矢理、石鹸でゴシゴシこすってメイクを落とすのは、お肌にとって一番悪いことなので
クレンジング剤を使ってしっかりメイクは落とさなければなりません。

メイクを落とすクレンジング剤と言っても、その種類はさまざま。
それぞれ特徴や違いがあり、その使い方にも違いがあります。
肌質やメイクに合わせてクレンジング剤のタイプは選びましょう。

どのタイプのクレンジング剤にも言える事ですが・・・
指やコットンなどで、「強くこすらない」ということが重要です。
クレンジング時の重要なポイントは、あまりにも少量で落とそうとすると肌を強くこすってしまい、
摩擦で角質を傷めてしまいます。
クレンジング剤を少し多めに(指がスルスルとすべる量)取って、
ゴシゴシこすらないよう丁寧にメイクと馴染ませることが大切なポイントです。

ただし、
ほこりや汗などの汚れは洗顔料だけで十分落ちるので、メイクをしなかった日はクレンジングの必要はありません。

クレンジング剤の種類、特徴、使い方

あなたのメイク落としは・・・
オイルタイプ?
ミルクタイプ?
クリームタイプ?
それともジェルタイプですか?

改めて、クレンジング剤の種類、特徴、違い、使い方をおさらいしておきましょう。

オイルタイプ

一番メイクを落としやすいとされているのがこのオイルタイプのクレンジング剤です。
ほぼ全てのメイク料をこれ一本で落とすことができます。
油分の多いメイク用品ともなじみやすく、こすらずに短時間でメイクを浮かすことができます。
しかし、クレンジング後は油容性成分が肌に残らないように洗顔料を使って洗う(ダブル洗顔)必要があります。 
ウォータープルーフのマスカラやポイントメイクなども簡単に落とすことができるほどクレンジング力が強い分、
肌への負担も大きいので、クレンジングの時間は短くしましょう。

ローションタイプ

ローションをコットンにふくませて、ふき取るように使うタイプのクレンジング剤。
メイクは落としたい、でも洗顔する時間がない、顔を洗うのが面倒という時に役立つクレンジング剤です。
簡単なお化粧であれば、てっとり早く落とすことができます。
ダブル洗顔の必要もないため、洗顔を省くことができます。
コットンにたっぷり染み込ませてメイクを拭き取って落とす、このタイプのクレンジング剤は、
「水クレンジング」とも呼ばれることがあります。
もちろん水だけでクレンジングすることはできませんので、ローションに含まれる界面活性剤の洗浄力で
メイクを落としているのです。

シートタイプ

あらかじめシートにクレンジング剤が含まれているタイプ。
そのまま、ふき取るだけの手軽なクレンジング剤。
ポイントメイク落としには使いやすいのですが、肌表面をシートでこすっているだけなので
毛穴まではきれいに落とすことは難しいと言えるでしょう。
シートタイプのクレンジング剤は大変手軽ですが・・・
ふき取るときの摩擦が肌に負担となり黒ずみ(色素沈着)の原因となるので、使う頻度や使い方にはご注意下さい。

ミルクタイプ

乳液タイプのクレンジング剤の事。
ミルクタイプのクレンジング剤には2種類あります。
洗い流すタイプと拭き取るタイプです。
油を落とし過ぎず、肌への刺激も少ないとされているクレンジング剤ですが、
洗浄力はオイルタイプのクレンジング剤に比べると弱くいため、
メイク用品に含まれる油分と馴染ませるのに時間がかかります。

ていねいに馴染ませ乳化させないと、メイクが肌に残ってしまうことがあります。
また、
拭き取るタイプのミルククレンジング剤の場合はコットンで肌をこすることが刺激となることが考えられますので
強くこすらないことが大切です。

クリームタイプ

洗浄力は弱いので時間をかけてメイク料となじませて使います。
量も肌に摩擦を与えないよう、少し多めに使うと良いでしょう。
流した後に皮膜感が残る場合は、馴染ませ方が足りないのが原因です。
水や汗に強いリキッドファンデーションやウォータープルーフの日焼け止め以外なら落とすことができます。
クリームタイプのクレンジング剤は、すぐ顔につけるのではなく、まず手で包んで温めてから顔につけてください。
クレンジングクリームを温めることで、メイク落ちが格段に良くなります。

ジェルタイプ

濡れた手でも使えるクレンジング剤。
水溶性と油溶性のものがあります。
油容性ジェルタイプは、
オイルタイプのクレンジング剤をトロッとしたゼリー状にしたものと考えてください。
そのためクレンジング力も強く、肌への刺激も強くなります。

以上が市販されているクレンジング剤の種類ですが・・・
クレンジング剤を使わないでメイクを落とす方法がありますので、ご紹介します。

最も肌にやさしいクレンジングの仕方

オイルでクレンジング

オイルでクレンジングと言っても、
界面活性剤が入ったオイルクレンシング剤のことではなく、
純粋な油だけでメイクを浮かせ、落とす、という意味です。

濃いメイクには植物オイルを使ってまずはメイクを浮かせましょう。
浮き上がったメイク料とオイルを軽くティッシュで拭き取ってから石鹸洗顔に移りましょう。

クレンジングに適したオイルは・・・
オリーブオイル。
オリーブオイルは植物性油の中でも特に皮脂とのなじみが良く、酸化したメイク料や皮脂を溶け出させてくれます。