HOME 商品一覧 無料美容相談室 お買い物方法 返品・返金について お問い合わせ 特商法に基づく表示

よくある質問|無料美容相談室

ジェンティール化粧品の秘密
無添加スキンケア誕生秘話
お使いになる前に
ご使用方法
お客様の声
お客様インタビュー
自然農法主義宣言

無料サンプルはこちらから
無料サンプルはこちらから
送料無料
ご注文はこちらから 人気No,1スキンケアセット無添加スキンケア基礎セット無添加スキンケア3点セット

無添加スキンケアフルセット
単品のご注文はこちらから
手作り無添加石鹸
無添加化粧水
美白美容エッセンス
無添加美容オイル
ノンケミカル日焼け止め
無添加リップクリーム

0120・76・5812
(平日9~17、土日祝休み)

化粧品の真実

天然クリーム「皮脂膜」

肌老化の原因

経費毒について

正しいスキンケア法

界面活性剤について

合成ポリマーについて

紫外線吸収剤について

美白化粧品について

無添加化粧品について

ファンデーションについて

色素沈着について

クレンジングについて

鉱物油について

顔のたるみの原因

無料スキンケア情報誌

 

関連サイト

無添加スキンケア化粧品 トップ - 無料美容相談室 - 洗顔料は弱酸性が良いのですか?

洗顔料は弱酸性が良いのですか?

弱酸性の洗顔料をすすめる訳

「肌に優しい弱酸性の洗顔料」
「肌は弱酸性だから洗顔料も弱酸性で」
という謳い文句をよく耳にしますね。

弱酸性の洗顔料が肌に優しいという根拠は、
人間の肌はもともと弱酸性に保たれているので、
顔を洗う時も弱酸性の洗顔料を使って肌をいたわりましょう。
という考えだと思います。

弱酸性の洗顔料の欠点

洗顔の目的は、酸化した皮脂やメイク汚れなどを洗い流すことですが、
残念ながらph値の低い弱酸性の洗顔料では、
洗浄力が弱すぎるため全ての汚れを洗い流すことはできません。
洗い残しができてしまうのです。

肌の汚れが残ったままスキンケアをしてしまうと、
毛穴に皮脂が詰まったままになり、
肌トラブルの原因になりかねません。

汚れを洗い流すことができなければ、
洗顔の目的を達成することができません。
そこで必要になるのが、合成界面活性剤というわけです。

肌に優しい、と言われている弱酸性の洗顔料には、
合成界面活性剤が使われているのです。

ご存知のように、洗顔料に使われている合成界面活性剤は、
なかなか洗い流すことができず、しっかりすすいだつもりでも肌に残りやすく
肌のバリアゾーンにダメージを与える危険性があります。
これでは、かえって肌トラブルを引き起こしてしまうことになりかねませんね。

合成界面活性剤が使われている弱酸性の洗顔料が肌に優しいと言えるでしょうか?

洗顔料は弱アルカリ性がおすすめ

ジェンティール化粧品がおすすめする洗顔料は、弱アルカリ性の無添加石鹸。
その理由は、洗顔後、肌に界面活性能のある成分を残さない性質を持っているのは、
弱アルカリ性の無添加石鹸だけだからです。
もう一つ弱アルカリ性の無添加石鹸の良い点は、泡切れが良いこと。
すすぎ時間が必要以上に長くならないので肌にやさしい洗顔が可能となります。

弱アルカリ性の石鹸で洗顔しても、弱酸性の肌がアルカリ性になることはありませんのでご安心ください。
水道水は中性なので、弱アルカリ性の石鹸を使って洗顔しても、水ですすげば中性になってしまいます。
また、ほとんどの化粧水は弱酸性に作られているので、弱アルカリ性の洗顔料を使った後に化粧水をつければ、すぐに肌を弱酸性の環境に戻すことができます。

【洗顔料のまとめ】

洗顔料の肌への優しさは、酸性やアルカリ性のPH値だけの問題ではありませんので、弱酸性にこだわる必要はありません。たとえ、弱アルカリ性の無添加石鹸で洗顔し、一時的に肌のPH値がアルカリ性に傾いても、自然に弱酸性に戻り、外部からの雑菌の侵入や増殖などから肌を守ってくれます。

肌が弱酸性の理由はこちら>>>