HOME 商品一覧 無料美容相談室 お買い物方法 返品・返金について お問い合わせ 特商法に基づく表示

普通の化粧品より医薬部外品の方が効果的ですか?

ジェンティール化粧品の秘密
無添加スキンケア誕生秘話
お使いになる前に
ご使用方法
お客様の声
お客様インタビュー
自然農法主義宣言

無料サンプルはこちらから
無料サンプルはこちらから
送料無料
ご注文はこちらから 人気No,1スキンケアセット無添加スキンケア基礎セット無添加スキンケア3点セット

無添加スキンケアフルセット
単品のご注文はこちらから
手作り無添加石鹸
無添加化粧水
美白美容エッセンス
無添加美容オイル
ノンケミカル日焼け止め
無添加リップクリーム
無添加ボディローション

0120・76・5812
(平日9~17、土日祝休み)

化粧品の真実

天然クリーム「皮脂膜」

肌老化の原因

経費毒について

正しいスキンケア法

界面活性剤について

合成ポリマーについて

紫外線吸収剤について

美白化粧品について

無添加化粧品について

ファンデーションについて

色素沈着について

クレンジングについて

鉱物油について

顔のたるみの原因

無料スキンケア情報誌

 

関連サイト

無添加スキンケア化粧品 トップ - 無料美容相談室 - 医薬部外品は効果が高いのですか?

医薬部外品は効果が高いのですか?

医薬部外品を正しく理解しましょう

化粧品には、普通の化粧品と医薬部外品や薬用という表記がある化粧品がありますが、
医薬部外品の方が普通の化粧品より効果が高い、と思っている女性は多いのではないでしょうか。

例えば、医薬部外品扱いの「薬用化粧水」や「薬用クリーム」などは、
薬のようなイメージがあるので、肌トラブルを解消してくれる治療薬のように思ってしまうかもしれませんね。

このコーナーでは医薬部外品について分かりやすく説明させていただきますので、
医薬部外品について正しく認識して、安全な化粧品選びの参考にしてください。

医薬部外品と化粧品の違いとは

医薬品と化粧品の中間に位置しているのが医薬部外品なのですが、
医薬部外品として販売するには、厚生労働省が認めている有効成分が規定量配合されていなければなりません。 有効成分が基準を満たした濃度になっていて、緩やかな効果が期待できる商品を医薬部外品に分類しているのです。

医薬部外品になると、化粧品には許されていない特定の効果効能を謳うことができるようになります。
例えば、「シミを防ぐ!」とか「ニキビ予防に!」のような表現が可能になるわけです。

医薬部外品は決して美肌作りに役立つ商品ではありませんが、
普通の化粧品よりも治療効果が期待できますので、
急を要する肌の悩みを解消することが目的ならば、医薬部外品を使う価値はありそうですね。

ただし、医薬部外品の場合、有効成分の配合量は厳しく規定されていて、
定められた一定の濃度を超えてはいけない、という決まりがあります。
一方、化粧品には有効成分の配合量に制限はありませんので、
有効成分を高濃度にした商品を販売することが可能となります。

つまり、一概に普通の化粧品よりも医薬部外品の方が、効果が高いとは言えないのです。

医薬部外品に全成分表示義務はありません

化粧品は、全成分を表示しなければばらない、と薬事法で定められていますが、
医薬部外品の場合は、全成分表示の義務はなく、
有効成分と他の成分を分けて表示することになっています。

化粧品は、配合量の多い順番に表示しなければならないという決まりがありますが、
医薬部外品には成分表示の順番に決まりがありませんので、
聞こえの良い成分やアピールしたい成分を最初に表示することが可能となりますので注意が必要です。

また、医薬部外品の表示名は、化粧品と同じ成分であっても表示名が変わる場合がありますので、購入する前にしっかり商品を吟味することが大切です。

医薬部外品は成分を隠すことができる

初めて使う化粧品でも、全成分表示義務がある化粧品なら、肌に合わない成分が入っているかどうかば買う前に分かります。しかし、全成分表示義務や成分表示の順番に決まりがない医薬部外品の場合、成分表に記載されていない成分が配合されているケースがありますので、肌がデリケートな敏感肌の人やアレルギーの人は注意が必要です。

医薬部外品は、実際に使ってみないと自分の肌との相性は分からないことになります。

化粧品メーカー側にすれば、医薬部外品は、都合の悪い知られたくない成分を隠すことができ、効果効能を謳うことができる売りやすい商品と言うこともできます。

以上、医薬部外品について簡単に説明させていただきましたが、
宣伝文句に惑わされないで慎重にスキンケア化粧品をお選びください。