HOME 商品一覧 無料美容相談室 お買い物方法 返品・返金について お問い合わせ 特商法に基づく表示

色素沈着(黒ずみ)の予防と解消法

ジェンティール化粧品の秘密
無添加スキンケア誕生秘話
お使いになる前に
ご使用方法
お客様の声
お客様インタビュー
自然農法主義宣言

無料サンプルはこちらから
無料サンプルはこちらから
送料無料
ご注文はこちらから 人気No,1スキンケアセット無添加スキンケア基礎セット無添加スキンケア3点セット

無添加スキンケアフルセット
単品のご注文はこちらから
手作り無添加石鹸
無添加化粧水
美白美容エッセンス
無添加美容オイル
ノンケミカル日焼け止め
無添加リップクリーム
無添加ボディローション

0120・76・5812
(平日9~17、土日祝休み)

化粧品の真実

天然クリーム「皮脂膜」

肌老化の原因

経費毒について

正しいスキンケア法

界面活性剤について

合成ポリマーについて

紫外線吸収剤について

美白化粧品について

無添加化粧品について

ファンデーションについて

色素沈着について

クレンジングについて

鉱物油について

顔のたるみの原因

無料スキンケア情報誌

 

関連サイト

無添加スキンケア化粧品 トップ - 色素沈着について

色素沈着について

色素沈着と黒ずみ・シミは同じもの

色素沈着とは肌の真皮内にメラニンが蓄積されている状態のこと。
一般的に呼ばれている「シミ」「黒ずみ」と肌の色素沈着は同じ意味なのです。

出来てしまった肌の黒ずみ・・・
その黒ずみを落とそうとして丹念に体を洗ったりしていませんか?
もしも肌をゴシゴシ洗っているのであれば、それは間違いです。
逆に肌の黒ずみを悪化させてしまいますよ。

肌の黒ずみ|色素沈着とは

肌をこすったり、掻いたり
私たちは日常的に、無意識に肌に刺激を与えています。
しかし、
その「刺激」が限度を超えてしまうと・・・・・・
ダメージを受けた部分を守るために、肌はメラニンを増やし黒くするのです。
この現象のことを、「色素沈着」と言います。

黒ずみは、ある程度の時間が経過すれば自然に消えていくことが多いのですが、
対策を怠ったり、間違ったお手入れを続けていると、シミとなって残ってしまうことがあります。

蚊に刺されて、掻きすぎたら跡が残ってしまった。
それも、「色素沈着」ということになるのです。

色素沈着の種類

外傷による色素沈着

すり傷・切り傷・やけどの後に起こる肌の黒ずみのことです。
傷ややけどが比較的浅ければ一時的なもので終わることが多いですが、深い場合消えずに残ってしまうことが
あります。逆に色素脱失といって、ダメージを受けた部分だけが白く色が抜けてしまうこともあります。

炎症後の色素沈着

湿疹など肌の炎症が治まった後にできる黒ずみのことです。
ステロイド剤使用後、肌に黒ずみが見られると、ステロイド剤の副作用で肌が黒くなったと誤解する人が多い
のですが、これはあくまで炎症が治まった後の色素沈着であって、ステロイド剤の影響ではありません。
肌の炎症が一時的なものであれば、黒ずみは時間と共に消えていきますが、慢性化してしまうとシミや肌のくすみ
として残ってしまいます。

繰り返される外部刺激による色素沈着

肘や膝など常に動く、こすれるなど刺激を受けやすい部分は、色素沈着を起こしやすく黒ずむことがよくあります。
こする・たたく、などの外部刺激が加わると皮膚を守ろうとして、角質が徐々に厚くなってきます。
繰り返し蓄積していくことで角質が硬くなり、黒ずみに発展していくといわれています。

色素沈着の原因|部位別

首や背中の黒ずみの原因

ナイロン製のタオルなどを使って強くこすっている人は首の周りや背中が、色素沈着で黒ずむことが多いです。
角質が剥がれ、外部からの刺激からお肌を守れなくなってしまい、発疹ができたり、炎症がおこったりします。
肌に傷ができてしまうと、黒ずみはシミとなって、永遠に肌に残り続けてしまいます。
気になるシミなどは、こすってしまうとどんどん大きく、濃くなってしまいます。

肘、膝の黒ずみの原因

ひじやひざの角質が硬く黒ずむのは、日々の生活で机や床などにこすれやすい部分だからです。
特に夏は衣類に守られていない分刺激を受けることが多く、角質層が厚くなり黒ずんでしまうのです。

脇(ワキ)の黒ずみの原因

脱毛の仕方で違いがあります。
肌へのダメージが大きい脱毛の仕方は「抜く」です。
脇毛を剃るよりも抜いた方が仕上がりはキレイかもしれませんが・・・
毛根にまでダメージを与える事になるので肌への刺激が強く黒ずみを引き起こしやすくなります。
脇の黒ずみが気になる方は、「抜く」から「剃る」へ変えたほうが良いでしょう。

お尻の黒ずみの原因

長時間座ったり、毎日自転車に乗る方に多いです。
その他、締め付けのきつい下着の摩擦で刺激され角質が厚くなり黒ずんでしまうケースもあります。
クッション性の高い物を敷くようにし、肌より硬いナイロン生地(合成繊維)の下着は避けた方が良いでしょう。

肌の黒ずみ|予防と解消方法

肌に強い刺激を与えないことです。
ナイロン製のタオルでゴシゴシ身体を洗っていませんでしたか?
身体の洗い方にも気をつけないと黒ずんでしまいますよ。
やわらかいタオルでそっと洗うだけで、不要な皮脂や汚れはちゃんと落ちます。
ゴシゴシ洗いは今日から止めましょうね。
特に首や背中が黒ずんでしまっている人は即刻中止すべきです。

顔の皮膚も同じです。
「こする、手でたたく、ゴシゴシ洗顔する」は絶対しないでください。
刺激を与えると、皮膚の角質が剥がれ、外部からの刺激からお肌を守れなくなってしまい、
発疹ができたり、炎症がおこったりします。
お肌に傷ができてしまうと、黒ずみはシミとなって、永遠にお肌に残り続けてしまいます。
気になるシミなどは、こすってしまうとどんどん大きく、濃くなってしまいます。

お肌にとって刺激を与えないことが一番大切ですので・・・

は色素沈着(黒ずみ)の原因になりやすいことになります。

また、
クレンジングや洗顔のときに「グルグルする」指の力は結構強いと思います。
「グルグル」する指の動きにそって、ソバカス状のシミができてしまうこともあるようです。
マッサージをするときも「やさしく、ゆっくり」指を動かしてください。